意外と知らない!?気になる火災保険の仕組み

火災保険の補償は建物と家財にわかれている

最近自然災害が多発しており、火災保険のニーズが高まっています。持ち家の多くの方は火災保険に加入していますが、火災保険にさえ加入していれば、我が家に何かあってもひと安心と思っていませんか?実は火災保険の補償される範囲は建物と家財にわかれており、建物、家財の補償に備えたければ両方に加入する必要があります。どちらもあなたの大切な資産ですので、自分の火災保険がどちらか片方の補償になってしまっていないか確認が必要です。

火災保険は加入できる上限額が決まっている

生命保険や医療保険は、極端な話、加入したい金額まで加入することができ、万が一の被害の際にも、契約通りの保険金が支払われます。それでは火災保険はどうでしょう。結論から言いますと、複数の保険会社で加入していても、あらかじめ決められた、住んでいる建物および家財の評価額までしか補償されません。いわゆる焼けぶとりは許されないという観点です。火災保険の加入のポイントとして、かけすぎないで評価額で加入することが大切です。

地震の補償は火災保険ではカバーできない

火災保険からカバーされる補償は、火事や落雷、破裂、爆発、風水害や盗難被害などが一般的です。それでは地震についてはどうでしょうか。地震による損壊、地震による火災、津波による倒壊など、地震を原因とした損害は葛西からは補償されません。地震の補償に備えたければ、火災保険とセットで地震保険に加入する必要があります。地震保険単独での加入はできません。また、地震保険の補償額は火災保険の50%というのが一般的です。

火災保険といえば家が火事になった時のための保険というイメージですが、火事以外でも例えば台風で窓ガラスが割れたとか、大雨で床上浸水したといった場合でも保険金を受け取ることができます。