「戦争しない国」の実現のために!弁護士に憲法を学ぼう

国に戦争をさせないために!

日本国憲法は平和主義を強調し、私たちは戦後70年の間、ずっと実現してきましたよね。9条1項には宣戦布告をして行う戦争や、武力を使ったり、武力で脅したりすることはしないと書いてあるんですね。他の国の憲法にも「侵略戦争は放棄します」という考えが書かれているんですよね。でも私たちの憲法は考えだけでなく、国に戦争をさせないために「軍隊を持たず、相手の兵隊を殺してはいけない」とハッキリと定めているんですよ。これは他の憲法にはない大きな特徴だと、弁護士は言いますね。

国民を守るための反撃!

もし日本が攻撃されてしまったときは、国民を守るために必要最小限度の反撃が認められていますというのが、これまでの政府の考え方だったんですよね。それが、日本が攻撃されていなくても、仲間の国を守るために海外に出掛けていける「集団的自衛権」を認める決定を内閣がしましたよね。そのための法律作りが国会で話し合われ、全国の多くの人が反対の声を上げていますね。この集団的自衛権は憲法の平和主義に違反するとして、多くの法律家や専門家が反対しているんですよね。どうしても必要なら、憲法を変えるかどうかを国民に問い掛けるべきだと弁護士は言いますね。

戦争のない世界を目指す!

憲法によって勝手なことをしてはいけないと決められている政治家が、憲法を無視して、これまで許されてこなかった集団的自衛権を勝手に認めるようにするのは、してはいけないことだと弁護士も言いますね。「和をもって貴しとなす」というように、日本は昔から争いよりも話し合いで解決するのが大切なんだという考え方を持ってきた国なんですよね。これまでのように日本は「戦争しない国」であるほうが、幸せになれますよね。そして、戦争のない世界を目指すという考えを他の国にも広げていくことが使命だと弁護士は言いますね。

鹿児島の弁護士ならば、安心しておまかせできます。離婚問題や遺産相続など、手掛けてきた案件が豊富だからです。