電卓よりも便利でわかりやすく、HELPが手助けしてくれるエクセル!

エクセルがあれば電卓はいりません!

エクセルを使えば、数値データの集計を簡単に行うことができます。データ数値を項目ごとに並べて、縦横に集計を取ったり、平均値や比率を取ったり、といったことが簡単にできるわけなので、エクセルがあれば電卓は必要ありません。電卓とは違って、エクセルは表として一覧表示してくれるので、とても見やすくてわかりやすいのです。このために、家計簿を付けたり、小規模な個人商店なら売上の集計計算などを行うのにも、エクセルはとても役に立ってくれるのです。

ランキング一覧も簡単に!

表形式にして数値データを入力してやり、計算式をセットしてやるだけで、エクセルは縦横の集計計算や、平均値、比率といったものを自動的に計算してくれるのです。数値データの件数が何十件から百件といった数になってると、これがどのくらい便利なものか実感できますね。また、ある項目をもとにして、データを昇順や逆順に並べ替えてしまうことも簡単にできるので、ランキング一覧データなどもとてもお手軽に作ることができます。

わからなければHELPが助けてくれる!

もしもエクセルの使い方がよくわからない場合には、HELPを利用すればいいだけです。たいていの場合、HELPは実例付きで使い方の解説をしてくれますから、その実例の通りにやってみればいいわけです。関数の使い方などは一見難しそうにも見えますが、HELPの実例をなぞって使ってみればそれで使えてしまう、という場合がほとんどです。エクセルにはたくさんの機能が設けられていますが、あくまでも自分が扱える範囲で使えばいいわけで、ムリをする必要は全くありません。

CADのスクールに通学をすることで、コンピュータグラフィックスに関する専門性を身に着けることが出来ます。