心理学が学べる大学の選び方のポイント!目的に合った大学を選ぼう!その内容とは?

基礎的な心理学は、どの大学でも同じ

大学と言う場所は、基本的に何を教えても良いとされていますよ。ただし、国家試験を受ける場合は、試験内容は全て同じであるため合格できる様な授業も設けなければなりませんよね。基礎的な心理学とは、例えば、深層心理学や認知心理学などが挙げられ、応用心理学の中にある臨床心理学なども臨床心理士になるための試験として出される可能性があります。臨床心理士になるためには、大学院まで進学する必要性があり、4年以上かかる事も予め考えておく必要性がありますよね。

興味のある心理学がある大学

一般の社会においては、恋愛に関する心理学と言う本が市販されていますが、基礎的な心理学として恋愛に関する心理学は含まれていません。心理学が学べる大学だからと言いまして、必ず恋愛の成果を高める事が出来る訳ではありませんよ。ただし、中には学生を集めるために、その様な授業を設けている可能性もあります。著名な方が、客員教授として授業を受け持つ事もあり、恋愛関係などの本を出している人の名前などを調べて見る方法もあります。特に心理学と言うのは分野が広く、名前をつけると心理学として成り立ち易い事もあるため、自分の興味のある心理学が学べる大学を選ぶ事がポイントと言えるでしょう。

社会に役立てれる心理学の選び方

大学で学ぶ内容と言うのは、社会に出て出来るだけ活用が出来る内容が望ましいですよね。江戸時代の事を学んでも、なかなか社会で活用できる場所と言うのは限られてきます。心理学も同じく、社会に出る場所によって活用できる内容もあれば、活用しづらい内容もありますよ。自身が社会に出てから心理学を使ってどの様に活用して行きたいのかを考える事が大切と言えるでしょう。文学部や社会学部など学部によっても多少違いがあるため、その違いについても押さえておく事が大切ですよ。

心理学とは、心を科学的に解明しようとする学問で、教育や医療、福祉などの分野で広く活躍しています。心理学の大学は全国に約200校あり、それぞれ専門分野ごとに学ぶことができます。