カードローンの返済方法は意外と重要?会社選びのポイント

返済手数料はなるべく無料のところを選びましょう

カードローンというのは、通常のローンとは違って、限度額の枠内なら何度でも追加融資を受けられます。通常のローンでは、一度お金を借りたら後は毎月返済していくだけになり、返済は口座からの自動引き落としとなっていることがほとんどですので手数料を気にすることはありません。しかし、カードローンを頻繁に利用する人は、手数料を気にしておかないと、「手数料が最も高い金利」ということになってしまうこともあります。例えば1万円借りて翌月に返済した場合、金利15%でも利息は100円ほどになりますが、手数料で200円がかかってきたら倍以上の金利がかかってくるのと同じことになってしまいます。

元金均等返済での返済のメリットとデメリット

消費者金融などでは、ほとんどの場合に「元利均等返済」となっています。例えば、毎月の最低返済額が1万円であれば、その中に利息も含まれているので、毎月1万円ずつ返済していけばよいということになります。しかし、金融機関によっては「元金均等返済」となっていることもあります。元金均等返済では、最低返済額に加えて利息も支払う必要があります。例えば100万円を借りていて、最低返済額が2万円となっていれば、2万円だけ返済しても足りません。金利が10%だとすれば、1か月分の利息はおよそ8千円ですので、2万円に加えて8千円も返済しなければなりません。元金均等返済では毎月の返済負担は大きいですが、返済期間は短くなり、総返済額も減らせるというメリットがあります。

結局自分に合ったカードローンを選ぶのが一番

給料日前に1万円だけ借りてすぐに返済するということを繰り返している場合など、少額の借り入れを頻繁に行なうような人は、手数料が無料であることが重要になってきます。しかし、100万円を借りてその後は自動引き落としで毎月定額を返済していくというようなケースでは手数料はあまり関係なく、それよりも金利が低いということがとても重要になります。結局のところ、どういったカードローンがベストというよりも、自分の利用方法に合ったカードローンを選ぶのが一番良いということになります。

カードローンを選ぶならば、会社ごとに特徴を比べてみましょう。カードローンの比較によってそれぞれのメリットが見えてきます。